個性を生かした習い事も増えています

幼稚園児の場合について

多くの幼稚園は終了の時間が、14時以降になると思います。
その為、幼稚園が終わった後に参加するとなると平均して15時から16時が多いようです。

まだ、そんなに体力的にも力があるわけではないですし、集中力も長くは続かないのが幼稚園児です。
ほとんどの習い事は、色んな時間帯が設定されているのが多いのですが、中には小さくても遅いクラスしか空いていない事もあります。

あまり遅い時間に始まる習い事に関しては無理に習わせる事はないと思います。
その子の生活リズムが習い事のせいで崩れてしまっては大きくなってから大変になります。

親の都合もあると思いますし、少しは融通も利くようですので、相談しながら希望の時間にして貰うのが一番です。

経路もきちんと考える事が大切です

大きくなってくると、学校が終わる時間も遅くなってきます。
そうなると、帰ってきてから習い事に行くようになります。

中学生以上になれば、ある程度の距離があったとしても大丈夫なような気はしますが、今は何が起きるか分からない時代です。
やはり、大きくなってからでも、防犯上から習い事の送迎をしている親は多いそうです。

子供が夜一人で歩く事は、とても危険であると言うのが当たり前の時代になりつつあります。
その為、その子にとてもピッタリの習い事だとしても、あまりにも遅い時間であれば、クラスを変えて貰うか曜日を変えるかのどちらかになると思います。

共働き世帯も年々増えている事から、子供が大きくなってしっかりしてきたからと過信してはいけないと思います。


この記事をシェアする