習い事の先生が与える影響について

子供にいくつ習わせるべきか?

習い事と言っても考え付くだけでも沢山の種類があると思います。
親として、子供の将来の事を考えるとなると必要な事は、全て習わせてあげたいというのが親の心情と言っても良いでしょう。

一週間の内に、毎日のように習い事に通い詰めるとなると、幼児であれば外で遊ぶという事も出来なくなります。
小学生になると、学校のお友達との付き合いも中々出来なくなり、その中で学ぶべきものを体験する機会がなくなってしまいます。

子供と言っても、体格や性格も違うので、体力面から見ても多くの習い事をするのは難しいと思います。
そこで、多くの親は、だいたい週に2日くらいを習い事にあてるようです。
子供自身がとても好奇心が旺盛で、何でもチャレンジしてみたいと言う子であれば、もっと数を増やしても良いかもしれません。

どんな習い事にするか?

数を決めたとして、どんな習い事するのか悩む家庭も多いと思います。
前の記事でも紹介したように、沢山ある中でその子に合う習い事をぴったりと見出す事は一見難しいでしょう。

では、実際にはどうすれば良いのか?と言う事になります。
一般的には、その子が好きな事を伸ばしてあげるのが良いのですが、習い事の種類やジャンルで選択して見るのも一つの方法として良いです。

例えばですが、大きく分類してスポーツ系か勉強系かに分かれるかと思います。
子供が好きで興味のある習い事ばかりを選択するのも良いですが、なるべくバランス良く選択して体験させる事で新しい能力が開花するかもしれません。
それか、消去法で削っていく方法も一つの選び方だと思います。


この記事をシェアする