合っているか見極める判断が出来ます

習い事貧乏にならないように注意しよう!

子供にかける教育資金は家庭にとって様々です。
ですが、中には子供に期待をかけて沢山何でも習わせてしまう親も多いと思います。

才能を伸ばしてあげたい、色んな経験をさせてあげたいと思うのはどの親でも当たり前です。
だからと言って、習い事をさせ過ぎてしまうのは子供にもあまり良い影響をもたらすものではありません。

経済的にも家計を圧迫しているのであれば、もはや習い事貧乏に陥っていると言っても良いかもしれません。
収入と支出のバランスを考えながら、習う数について家族で話し合う事も大事だと思います。

子供にとって友達と遊ぶ時間もとても大切な時間なのです。
毎日のように習い事があってはストレスを溜めてしまうのであまりよくありません。

習い事の費用の平均はいくら?

子供が習い事始めると一番気になるのが毎月の費用の捻出になります。
世帯によって、年収もバラバラなので沢山習い事をしているのであれば、年収次第と言った所になると思います。

ですが、平均の習い事の費用は一体いくらなのでしょうか?
小学校で考えると、公立と私立では習い事の費用も2倍の差があると言います。

公立の場合だと、平均1万2千円くらい、私立だと2万5千円くらいみたいです。
また、そういう区別をする事なく考えるとなると平均は1万8千円くらいになります。

子供の習い事を選ぶ方法の一つとして、習う物も大事ですが、予算もしっかりと決めてからの方が家計も苦しくならずに済みます。
これから考えている人がいるのであれば、費用も話し合うのがとても重要です。


この記事をシェアする